マヤの暦・第9ウェイブJUJUの7次元シフトセミナー受講生募集!

注目


コールマン博士のマヤ暦説に基づくJUJUの7次元シフトセミナー

次回9月4日からの参加者を募集しています。

サイクルの終わりとサイクルの始まりに

USTREAMと実際のギャザーリング

また、スカイプでの同時進行の会話をしながら

このシフトにいかに同調していくかを

セミナーとグループワーク、そして個人セッションを統合した形式で

開催しています。

参加はあなたが、シフトの波に乗ろう!とコミットした時

随時参加が可能です。

このセミナーに参加されるすべての方に

SI-V7での個人セッション

SCIOでの遠隔トリートメント

以上を無料サービスしていますので、ご利用ください。

次回の7次元シフトワークは

9月4日(日)昼14時~17時&9月5日(月)夜19時~22時

場所:未定(ご参加の方には場所の詳細をお知らせ致します。)

USTREAMでの参加も可能。当日参加が難しい方には録画したものをお届けします。

今回の募集は9月4日と5日からご参加される方が対象です。

7次元シフトセミナ―&ワーク3月8日~10月29日

スケジュール

波の終了(新しいサイクルがはじまる前日)と波の始まりの日の両日、またはピークの日。

※詳しい期日は以下の通りです。

3月からのシフトワーカーズ・ワークショップ&ギャザリング

1.3月8日(火)9日(水)終了しました。2.3月26日(土)27日(日)終了しました。3.4月13日(水)22日(金) 終了しました。4.5月1日(日)2日(月) 終了しました。5.5月19日(木)20日(金)終了しました。6.6月6日(月)7日(火)終了しました。7.6月24日(金)25日(土)終了しました。8.7月12日(火)13日(水)終了しました。9.7月30日(土)31日(日)終了しました。

残る7次元シフトセミナーの日程は以下の通りです。

11.9月4日(日)5日(月)

12.9月22日(木)23日(金)

13.10月10日(月)11日(火)

エキストラ10月28日(金)29日(土)

その日が平日の場合 夜7時~10時

その日が休日の場合 昼2時~5時

【受講料】

7次元シフトセミナ―&ワーク9月4日~10月29日

受講料:残り3回分(合計6日間)一括 45,000円(消費税サービス)

1回(2日分)ずつお支払いの場合には消費税が別途発生しますのでご了承ください。

1回(2日分ずつ)のお支払いの場合 15,750円ずつ

分割をご希望の方は上記の金額をPaypalでクレジット決済ができます。

ペイパルにて一括でお支払いの場合も上記と同じく15,750円X4回分の合計額となります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

◆マヤの末裔のガイドの説明をJUJU通訳している動画はこちらから見れます。

http://www.youtube.com/watch?v=-tlIcLUtIPI

以下は前回の7次元シフトセミナー・シフタ―ズの方たちへのテキストノ一部です。
以下の図は、コールマン博士のWEBサイトからの引用です。
3つのポイントは、今後、意識のシフトを促すためにやってくると思われる3つの彗星
HONDA、 ELENINE、 レヴィの影響が地球にもたらされると思われる時期を表しています。

Many people have now heard about the upcoming entry to the inner solar system of the comet Elenin (http://elenin.org) and there is a whole range of ideas and speculations about what this might entail. Comets have always been seen as harbingers of auspicious or (more commonly) ominous tidings and this one certainly is no exception. Ideas have been suggested that it is in fact a brown dwarf star, a spaceship or causes earthquakes. Regardless, this upcoming fall two comets, Honda and Elenin, later to be followed by Levy, will arrive creating a sequence of celestial bodies in the skies (http://www.youtube.com/watch?v=swhme7X7tWI). The comet Elenin, which has received the greatest attention of these, is estimated to be at its shortest distance from Earth around October 16-20, 2011 close to the midpoint of the seventh day of the Ninth wave (or Universal Underworld). Especially since this is right before the true 13 Ahau culmination date of the Mayan calendar (October 28, 2011), this comet is, regardless of the specific nature and role that it may have, an end time phenomenon. These comets will then arrive against the background of deepening global political and economic chaos produced because the institutions of the world are not consistent with the incoming unity consciousness of the Ninth wave. This mandates a study of how this comet is related to end time prophecies from various sources.

In The Mayan Calendar and the Transformation of Consciousness (2004) I wrote:

今、多くの人々が、エレニン彗星(http://elenin.org)が太陽系内に近づくことについて知り始めました。そして、これに伴うかもしれない事柄について推測がなされています。

 彗星はいつも、幸先がよいものの先駆け、また、より一般的には不吉な便りとみなされています。そして、そのような見方は確かに例外でありません。

実際に、エレニン彗星は「茶色の矮星」(ホピの予言に出て来るレッド・カチ―ナのこと)、「宇宙船」または「地震の原因」であるといった考えが示唆されています。 どちらにせよ、今年の秋に地球に接近する2つの彗星、「ホンダ」と「エレニン」は、空で一連の天体配列を作ります。又この2つの彗星の後には、レヴィという名前の彗星が続いて接近します。

 最もエレニン注目される彗星が、コールマン博士説の第9ウェイブ(またはアンダーワールド)の7日目の中間の近くにあたる2011年10月16~20日のあたりに、地球から最短距離に来ると現在では見積もられています。

 特にこれがマヤのカレンダーが終了する2011年10月28日=13アハウの直前にあたると言う点から、この彗星は、もしかしたら最終サイクルとしての特定の性質と役割を持っていると考えてもよいかもしれません。

今、現在の世界の制度が、第9ウェイブの統一意識とまだ一致していないので、それから、生み出される世界的な政治的および経済的な混沌を深める役割をもって、これらの彗星たちは到着します。

これらの彗星はどのように終末の予言に関連があるかという研究を、以下に述べることにします。

関連するHP(http://www.youtube.com/watch?v=swhme7X7tWI

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“At least some minor earth changes may thus result from the high frequency change in consciousness that we are now undergoing. But the reversal of cause and effect to generate a doomsday view where such earth changes are presented as the very purpose of creation is untenable. Any possible physical effects should be seen only as by-products of the consciousness field, and most climatic change will still probably be caused by carbon dioxide emissions rather than some purported insidious divine plan for the destruction of the earth through geophysical changes.” 

「我々が現在経験している意識の高周波変化からみると、少なくとも、若干のマイナーなアースチェンジは、生じる場合があると思われます。 しかし、その逆の原因によって終末がもたらされるというようなアースチェンジが繰り広げられると考えることはできません。考えるに、あらゆる身体的=物理的な影響をもととするアースチェンジは、意識フィールドの副産物だけとみなされなければなりません。

そして、神が地球物理学的変化を通して地球を破壊すると言うよりは、むしろ、その大部分は気候の変化によるもので、それは、二酸化炭素の排出を原因とするものでしょう。

This then referred to the Galactic Underworld and it is probably true to say that it is only with the Universal Underworld (see figure below) that the frequency has become so high that the Earth changes can no longer be classified as minor. What also comes forth from this quote is that I have sought to distinguish my view from many who merely focus on Earth changes as such without providing a meaningful context for them. I have emphasized that the Mayan calendar is fundamentally about the evolution of consciousness and Earth changes are either serving this evolution or are spin-off effects of it. I have thus made the point that the current Ninth wave of the Mayan calendar shows an irreversible direction towards the unity consciousness that will culminate later this year.

以上は「Galactic Underworld」(銀河的アンダーワールド)出私が言及したものですが、周波数の変化の頻度ががマイナーなアースチェンジであると、もはや分類されることができないように高くなったのは「Universal Underworld」(下記の数字を参照)になってからだけだと言えるのではないかと思います。

この引用から導き出される事は、私は単に前後関係を提示することなくただアースチェンジという変化にのみ集中しようとする人たちと一線を引き、そこに意味を見出さそうとしていると言うことを示していると言うことです。

マヤの暦は基本的に意識の進化についての暦であり、アースチェンジが、どの様に私たちの進化に供給するものであるかは、それがスピンオフ効果であると、私は強調しました。

 私は、このように、マヤの暦の第9波が今年後半(10月28日)に達するということは、意識が統一される方へと進み、そこから元に戻らないと言うことを明確に主張し、証明してきました。
Figure 1. The Ninth wave of the Mayan calendar leading up to its end date of October 28, 2011 with indications of: A/ Closest distance to comet Honda, B/ Comet Elenin between the earth and the sun and C/ Closest distance to comet Elenin. (For details about the Ninth wave please see www.mayanninthwave.com ).

Some have however also questioned how, despite its high frequency the Ninth wave of the Mayan calendar would be able to bring about this new consciousness in such a short period of time. Yet, its days are now being expressed in the world oneness revolution with its epicenter in North Africa and Southern Europe (Most recently, Saudi women are starting to drive). We should also be aware that the second half of a wave always manifests its phenomena much more strongly than the first half and that so the world oneness revolution will intensify. The date July 4 as the beginning date of the second half, may imply that the demands for true democracy that are currently being raised in southern Europe will then also spread to the USA. In addition, a monetary collapse seems very likely to come some time in the month of August considering the high level of indebtedness and other factors in key nations. The Universal Underworld will then increasingly call us to become citizens of the cosmos and shed our currently limiting national confines.

しかし、まだそこには疑問も残されています。このマヤの暦の第9ウェイブのような高周波が、こんな短い期間に、本当に新しい意識をもたらすことができるのか?と言う疑問です。

しかしながら、その疑問をよそに、北アフリカと南ヨーロッパ(ごく最近、サウジアラビアの女性は運転し始めています)に、統一を目指す革命的な動きとして表出されています。

常にウェイブの後半が、前半より非常に強くその現象を明らかにしますが、ユニティーをめざす革命が強まることに、我々も注意をはらっていなければなりません。

それから、7月4日あたりから始まる、第9ウェイブの後半の始まりは、現在南ヨーロッパで上がっている本当の民主主義を求める要求が米国までも広がる日付として意味することになるかもしれません。

そして、債務の高水準や各国の経済状況における様々な要因を加味して考慮すると、8月のいつかには金融崩壊が来そうな気配があります。その様な事が起きたのちに、私たちは宇宙市民となり、現在私たちが国家間で制限を加えていることがらは、自動的に判定されて行くと思われます。このように、ユニバーサルアンダーワールドは、私たちをますます呼びさまそうとするでしょう。

Moreover, in this high frequency of change the Earth changes are likely to intensify and what is of interest here is that sometimes celestial bodies are synchronized with the evolution of the cosmic plan in such a way that they create leaps forward. This may also come to do so in the near future through the approaching comets. After all, the Cosmic Tree of Life, which the Mayan calendar is based on, is the synchronizing factor behind all events in the universe and we know that celestial bodies have played an evolutionary role in the past. Moreover, if such fine-tuned celestial events originate in the divine plan it should also mean that they could sometimes be foretold by prophecies.

さらに、この高周波の変化の時期において、アースチェンジは強まる気配もあります。ここで興味深いことは、時々、私たちが前方へジャンプをつくるそのような方法で、天体が宇宙計画の進化と同期してくるということです。

これは、近い将来接近している彗星が、同期するような出来事を起こすかもしれないと言う意味です。宇宙の生命の木は(それに、マヤのカレンダーは基づきます)宇宙のすべてのイベントと同期している要因です。そしてまた、私たちはこのように、天体が過去に進化の役割を演じたということも知っています。 さらに、そのような微調整された天のイベントが神の計画から始まるならば、それらが予言によって時々予告されることができたということをも考慮しなければならないでしょう。

Before going into prophecies I will give two examples of celestial bodies that have played a supporting role for the evolution of life on our planet. The first is the impact by a Mars sized celestial body that by current science is believed to have given rise to the moon 4.5 billon years ago. The other such miraculous event in the history of the Earth is the meteor that 65 million years ago hit it and gave rise to the Chicxulub crater in Mexico and darkened the sky for a long time. This led to the extinction of all dinosaurs and plesiosaurs on our planet. The reason that this seemingly destructive meteor may be called miraculous is that without it having exactly the size that it did we would not be here to talk about it today. The dinosaurs might still have been roaming around eating all mammals that showed promise of further evolution. If, on the other hand, this meteor would have been twice its actual size all life on earth – including the mammals – would have gone extinct and we would not be here now either. Moreover, this impact was very precisely timed so that it paved the way for the higher mammals that emerged at the beginning of the Seventh day of the Mammalian Underworld. These events, the formation of the moon and the extinction of the dinosaurs thus clearly served the further evolution of the cosmic plan and its purpose, but how these celestial bodies could have such precision in size and orbit to bring about the continued evolution of life on Earth still seems incomprehensible to a human mind. When it comes to the series of comets that are now approaching the Earth I thus feel we should be open to the possibility that also this is engineered by divine intelligence and plays a specific role that will prepare the world for the culmination of time on October 28, 2011. It should be pointed out then that there is nothing to indicate that it would be part of this plan for all life on earth to come to an end, either at previous events or in the future. On the other hand, this is not the same thing as saying that there will be no casualties.

それでは、その予言の内容に入る前に、私は、地球での生活の進化のために脇役を演じた天体の2つの例を挙げてみることにします。

一つ目は、現在の科学による4.5億年前月を引き起こしたと思われている火星サイズの天体による影響です。

6500万年前メキシコでChicxulubに堕ちた流星がクレーターを作り、長い間空を暗くしたこともあります。

これは、地球上すべての恐竜とプレシオサウルスを絶滅に至らせました。

この一見破壊的な流星が奇跡的であると言われるかもしれない理由は、それがこの地球に衝突しなければ、今日、私たちがここにいて、それについて話すことなどできないということです。この出来事が起きなければ、進化の見込みを示したすべての哺乳類を食べるまわろうとして、恐竜はまだ歩き回っていたかもしれません。

他方、この流星がその実際のサイズの2倍あったとしたら、地球上のすべての生命 – 哺乳類を含む – は、絶滅したことでしょう、そして、私たちはは現在ここに存在することもできないのです。さらに、それが「哺乳類のアンダーワールドのサイクル」の7日の初めに出てきた、より高い哺乳類への道を開くようにと、この流星の衝突の影響は非常に正確なタイミングを計られたわけです。

これらの出来事は、月の形成と恐竜の絶滅、宇宙計画とその目的の更なる進化に明らかに間に合いました。

しかし、これらの天体がその大きさと軌道をそのような精度を持って地球に影響させることができたように、今後、やってくる天体(彗星たち)が人類の地球での生活に継続した進化をもたらすということは、まだ人間の心が理解を示すところまで至っていないようです。

私はこのように、現在地球に接近している彗星のシリーズに関して、これが神の知性によって設計されて、2011年10月28日の時間の最高点のために世界を準備する特定の役割を演ずるという可能性を、我々が受け入れなければならないと感じています。

それから、このような出来事が、将来、地球上のすべてのものが絶滅してしまうという計画の一部であることを示すものなど、何もないということも指摘しなければなりません。

しかしながら、 その一方で、この出来事には、犠牲者がいないと言いきることもできないのです。

To discuss the physical interactions that the two comets may come to have with the Earth – if any – is however difficult to do at the current time. The data that have been provided by official astronomical sites point to them as being too insignificant both in terms of their sizes and their orbits to have any direct influence on our planet. (http://www.astrosociety.org/elenin/ab2011-72.pdf). Yet, the estimates of these parameters have undergone change over time in a way that makes one wonder how certain they actually are and it may be that at this point no one can tell with certainty the exact values of these. Yet, unless some new data comes forth from credible astronomical sources I see no reason to doubt that they are but small chunks of ice. Regardless of this, these comets may still play significant roles in the “end time” scenario.

では、いったい2つの彗星が地球にどのような物理的相互作用をもたらすのかについて議論したいと思います。

多大な影響があるとしても – しかし、現時点でこれは難問です。公式天文サイトによって提供されたデータは地球に対するどんな直接的な影響をも持つ軌道にあることを表していますが、同時にそれらは取るに足らないものであることも示しています。

 (参照http://www.astrosociety.org/elenin/ab2011-72.pdf)。

それでも、時間とともに実際にどれくらい確かかについての疑問をこれらのパラメータの推定で被りました。誰も確定的にこれらの正確な値を言うことができないかもしれないのですが、若干の新しいデータが信頼できる天文ソースから出て来ない限り、私はこれらの彗星が小さな氷の塊ではないかと疑う理由もありません。

どちらにしても、 それが何であれ、これらの彗星はまだ「時の終わり」シナリオで重要な役割を演ずるかもしれないのです。

I thus feel that the synchronicity of Elenin with the end of the Mayan calendar is so compelling that it deserves to be explored how these comets may be related to certain ancient prophecies. Before we look into such prophecies we may note that some have read “Extinction Level Event Niburu Is Near” into the name ELENIN (from its Russian discoverer). A more appropriate reading given the dire outlook of the world’s monetary system in the second half of the Universal Underworld may however be El + Lenin (heralding God + anti-capitalist revolution). In the current discussions several suggestions have also been made that the comet Elenin is a manned spaceship and that the powers that be is involved in a conspiracy, building bunkers for themselves and keeping its upcoming approach secret to people at large. Be that as it may, because even if either one of them is true I do not think it changes much for us in the current situation.

これらの彗星がどのように特定の古代の予言に関連があるかが調査されるに値するように、マヤの暦の終わりとエリニン彗星の到来が同時発生するということそのもが非常に魅力的だと私は感じます。

彗星の予言を調べる前に、何人かがこの彗星の名前であるELENIN(彗星を発見したロシア人の名前から名づけられた)と言うスペルに「絶滅Level Event Niburu Is Near」の頭文字を読み解いた点に、注意を引かれるかもしれません。 しかし、ユニバーサルアンダーワールドUniversal Underworldの後半に、世界の金融システムのひどい展望を与える、より適切な読み方としては、El +レーニン(神+反資本主義者革命者)である場合があります。

 現在起こっているの議論の中には、エレニン彗星が有人の宇宙船であるというものや、権力者の陰謀が関わっているという熱中しているというコンスピラシーセオリーのいくつかの提案もなされました。彼ら自身が燃料庫を建設して、近づきつつ彗星のアプローチを一般の人々に秘密にしているというものがそれです。しかし、 たとえそのどちらであるにせよ、私たちにはあまり関係のないことではないかと思います。

The currently most popular idea regarding comet Elenin is that it is related to the proposed return of Nibiru, which is a hypothetical brown dwarf companion of our sun surrounded by a Planet X. The existence of Nibiru was initially proposed by Zecharia Sitchin based on his reading of Sumerian texts, but before he passed away last year he clearly stated that he did not believe it had anything to do with 2012 and it is indeed very hard to understand why it would. The idea that Nibiru would return in 2012 or more specifically on December 21, 2012 is not backed by any evidence whatsoever. Yet, Nibiru has appeared in video clips watched by millions on YouTube in a strange brew with Sitchin’s ideas and the wrong end date of the Mayan calendar. While the proponents of this idea talk widely about cover-ups and conspiracies keeping us in the dark about its existence there is in fact no evidence that Nibiru exists. Moreover, the Nibiru connection to 2012 is questionable already since no ancient Mayan prophecy implies its existence. The Nibiru connection to 2012 then becomes even more questionable when you realize that its proponents have replaced the Mayan calendar’s charting of evolution with proposed effects of this hypothetical planet to explain the course of human events. Personally, I see no reason to embrace an idea, which lacks foundation either in modern science or ancient prophecy. Yet, since it has gained such an enormous popularity, often in association with a proposed pole shift and reversal of the Earth’s spinning, it seems possible that it mimics a scenario that will indeed take place, but with another basis. Could it for instance be that this collectively shared vision is not true as such, but that it points to an approaching comet and that this coincides, not with an electromagnetic pole shift, but with a shift in the polarity of consciousness in a way that we know will happen from the Mayan calendar?

現在最も多い一般大衆的なエレニン彗星に対する考えは、エリニン彗星とは二ビルNibiru(それは彼がシュメールのテキストを読むことに基づくゼカーリア・シッチンによって提案されて、Nibiruの存在がまず最初にあったPlanet X.によって囲まれる我々の太陽の仮定的茶色の小型の対の一方です)の復活に関連があるというものです。

しかし、シッチン氏が昨年他界する前に、それが2012とそれと関係があるとは思わないとはっきり述べましたし、また、そうだと信じることは非常に難しいと思われます。ニビルNibiruが2012年12月21日に太陽系に帰るという考えは、全くもって少しの証拠をあげても支持することはできません。

 それでも、マヤの暦についてのシッチンの考えと間違った時の終わりの日付が表されたYouTubeに(100万だけ見られるビデオ・クリップ)、ニビルNibiruは登場させられました。

この考えの支持者が広めているように、私たちからその存在をひた隠しにし、知らせなくしている隠蔽と陰謀のようなニビルNibiruが存在するという証拠は実際にはありません。 さらに、古代のマヤの予言がニビルの存在を意味しない時点から、2012年終末説へニビルNibiruをつなげていくことこそ、すでに疑わしいことです。

ニビル説の支持者がマヤの暦が人間の進化のイベントの進行を説明するために、この仮定的惑星の作りあげたということをあなたが理解したら、ニビルを2012年へつなげて考えると言うことはさらに疑わしくなります。

個人的には、私はニビルと2012年をつなげて考えると言うやり方を受け入れる理由がわかりません。それは現代の科学または古代の予言に基づく根拠が欠如しているからです。それでも、地球のポールシフトと地球の逆回転は、別の基本的な条件によるシナリオを基に起こり得ると言うことは考えられるわけです。

たとえば、マグネティツクフィールドのポールシフトなどでなく、私たちがすでにマヤの暦から起こるのだということを知っている「意識の両極性の変動」が接近している彗星に影響で起こるということではないのでしょうか?

The Hopi prophecy provides another source to consider regarding Elenin (and possibly its predecessor Honda), since this comet may be the Blue Star Kachina – the Eye of God – which is one of its signs of the end of time.

“And this is the Ninth and Last Sign: You will hear of a dwelling-place in the heavens, above the earth, that shall fall with a great crash. It will appear as a blue star… These are the Signs that great destruction is coming. The world shall rock to and fro. The white man will battle against other people in other lands — with those who possessed the first light of wisdom. There will be many columns of smoke and fire such as White Feather has seen the white man make in the deserts not far from here. Only those which come will cause disease and a great dying. Many of my people, understanding the prophecies, shall be safe. Those who stay and live in the places of my people also shall be safe. Then there will be much to rebuild. And soon — very soon afterward — Pahana will return. He shall bring with him the dawn of the Fifth World. He shall plant the seeds of his wisdom in their hearts. Even now the seeds are being planted. These shall smooth the way to the Emergence into the Fifth World.”

My intuition tells me that Elenin indeed is the Blue Star, which according to the above seems to imply some kind of near impact. To be certain of this we will have to wait and see what color it has. It is however already noteworthy that the Ninth and last sign of the Hopi Prophecy corresponds to what is produced by the Ninth and highest wave of the Mayan calendar. Maybe this comet is in fact also a sign of the returning Quetzalcoatl, the Plumed Serpent, of Aztec/Toltec prophecy.

ホピの予言は、彗星「青い星・カチ―ナ」Blue Star Kachinaがエレニン彗星であると考えさせるソースをもっており、(おそらくそのその前にやってくるホンダ彗星も) それが時の終わりの徴候のひとつとなる神の目であるとしています。

マヤの暦・9ウェイブの完了からクリエイションの始まりへ   10月28日~11月1日

注目

2011年10月27日~11月1日

マヤの暦・9ウェイブの完了からクリエイションの始まりへ

 マヤの暦の完了から「新しくクリエイティブな自分が始まる」お祝いに参加される方へ

壮大で悠久な時を感じさせる屈斜路湖畔にて、この日を迎える儀式やお祝いをいたします。

気になる参加費は?

 ・10月28日~29日は「7次元シフトワーク」を継続して受講していた方は、エキストラデーとなりますので、実費以外は無料となります。

 ・2日間のみの参加の実費例 → 東京-女満別間 往復航空運賃24,000円(2名以上で購入した場合)+屈斜路プリンスホテル代6,200円(4人部屋)+レンタカーシェアリング代金(ヴィッツクラス3人シェアで1名ガソリン代込み訳3000円)

合計 訳 33,200円

 この日だけ参加の方は、15,750円の参加費も必要となります。

ホテルはこちらでまとめて予約を取ります。

飛行機は各自で予約を取って購入してください。

レンタカーについてですが、借りる際に運転免許が必要です。運転する方は運転免許をお忘れなくご持参することと、同乗する方と相談して決めてください。

 以上を基準にしてお考えください。

目安の詳細はページ最後に提示しておきますので、ご覧ください。

 

<行程表>

10月27日(木曜日)

~前ノリ日~

 27日に札幌入りする人は

1.オフィスに寝袋で泊る。 (限定人数4人=子供も人数として数えます。)

お早目にこちらにご連絡ください。

2.ホテルを予約する。

ホテルの予約は各自で行ってください。

 上記の2つから選んでください。

上記の方たちは、札幌のコズミックダンスカンパニーを早朝5時に車で出発し、

屈斜路湖方面に向かい、女満別空港で東京から到着する方たちと合流します。

 札幌から車で一緒に行く方はレンタカー代とガソリン代折半となります。

 10月28日(金曜日)

~13アハウ・9ウェイブ完了の日~

 午前5:00 AMS TOWER出発

午後14時 女満別空港 集合(28日に来られる方は女満別空港に来てください)

 美幌峠~屈斜路プリンスホテルへ

屈斜路プリンスホテル

〒088-3395 北海道川上郡弟子屈町屈斜路温泉  015-484-2111

午後18:00 ~ 19:00ホテルにて夕食

19:30コタンに向けて車で出発

20:00 ~ 21:00 [9ウェイブ完了の儀式・地球の祈り]

終了後、屈斜路湖畔 露天温泉での浄化

 午後22:00プリンスホテル着

  着替えなどをしてください。

午後23:00 ~ 0時過ぎまで、日付を通過し新たな意識へと参入するためのキャンドル瞑想

 

 

10月29日(土曜日)

新しい高波動を自らのクリエイションとして生き始める日

 

起床

午前7:00 ~ 8:00朝食 

午前9:00  屈斜路湖の龍のほこらへ

午前10:00 硫黄山から摩周湖へ

午後12:00 屈斜路湖から札幌に向けて出発

 帰途、大雪山通を通って、層雲峡を眺めながらドライブするコースあり。

午後20:00までに レンタカーを返却しAMS TOWERに集合

      その後立食パーティー

午後20:00~ユーストリーム配信開始予定

  9ウェイブ完了

 

 

 

10月30日(日曜日)

新しい高波動を具体的なクリエイションとするために<1日目>

30日だけワーク参加費:52,500円

「9ウェイブ完了後の世界でクリエイティブな自分を生きるためのワーク」

午前10:00~深夜まで途中休憩あり

午前10:00~12:00  Vol1.中島公園、護国神社など参拝しながらブリーフトーク

午前12:00~13:00  ランチ休憩

午後13:00~午前1:00   Vol2.

~以降深夜まで (途中休憩あり)

Vol3.は、31日に帰る方たちへのインテンスな内容となります。

 尚、30日からのみの参加も受け付けます。

 

 

10月31日(月曜日) ハロウィン <2日目>

新しい高波動を具体的なクリエイションとするために

30日31日と続けてワークを受けられる方は63,000円の参加費です。(31日だけはございません)

前日の続き

 ※ 28日(金)の完了の日は、ご自分のグループや家族で過ごしたいと言う方は、30日からのセミナーから参加することができます。

  

 

 

 

 

<飛行機情報>☆☆☆☆☆

往路、羽田から女満別。復路を新千歳から羽田にしても

航空運賃は24,000円(2名以上)で済みます。

詳しくはこちら↓

株式会社ネットマート(得旅ドットコム) 

http://toku-tabi.com/kakuyasu/index.php?in_tbk_id=1&in_dcode=TYO&in_rcode=HNDMMB

これ以外に格安のチケットもあると思いますが、日にちが迫ってきたのでお早めに。

◆東京から女満別に直接来る場合

14時集合になるので

JAL1189便 羽田12:05出発 女満別13:50到着の便を予約してください。

 

(JAL以外にAIR DOも羽田-女満別間の便があります)

◆29日(土)に直接女満別空港から羽田に帰る場合

JAL1188 14:30発  16:25着(料金3.500円割り増し)が便利です。

それ以外の方々は、車で札幌まで戻りますので新千歳空港からの帰京となります。

<新千歳=羽田>

JAL500 8:00  新千歳発=9:40 羽田着

JAL502 9:00  新千歳発=10:40 羽田着

JAL504 10:00新千歳発=11:40 羽田着

JAL506 11:00新千歳発=12:40 羽田着

JAL508 12:00新千歳発=13:40 羽田着

JAL510 13:00新千歳発=14:40 羽田着

JAL524 19:00新千歳発=20:40 羽田着

JAL526 20:00新千歳発=21:40 羽田着

JAL528 21:00新千歳発=22:40 羽田着

JAL530 21:20新千歳発=23:00 羽田着

※上記以外の便だと1800円から6900円の割り増し料金あり

車で札幌まで移動する方々の実費の目安は以下の通りです。

車で移動を考えている方々でシェアすることになりますので、運転免許をお忘れなくお持ち下さい。女満別空港のトヨタレンタカーで予約をされると、札幌での返却先がAMS TOWERに比較的近い場所にあるので便利です。(すすきの9条店)札幌から車で来られる方々は、27日20時に車を手配して、29日20時に返却にするといいでしょう(ヴィッツクラスで14,700円です)。

(10月28日29日のみの実費です)

屈斜路プリンスホテル代6,200円(4人部屋使用 朝・夕食付)+レンタカーシェアリング代金約10,000円(ヴィッツクラス3人シェアで、ガソリン代、高速料金含め)+AMS立食パーティー費用約2,000円(参加者の頭数で割りますがこのくらいだと思います)=18,200円です。(この金額に航空運賃をプラスしたものが実費となります。)

※ツインの部屋をお二人でご希望の方は一人7,500円で、実費見積もりは19,700円。ツインの部屋をお一人でご希望の方は12,000円で実費見積もりは24,000円です。(航空運賃などを除く)

 ◆女満別空港から参加し札幌へ移動し、新千歳空港から帰る方々も実費も同じです。

(10月28日29日のみの実費です)

屈斜路プリンスホテル代6,200円(4人部屋使用 朝・夕食付)+レンタカーシェアリング代金、約10,000円(ヴィッツクラス3人シェアで、ガソリン代、高速料金含め)+AMS立食パーティー費用2,000円(参加者の頭数で割りますがこのくらいだと思います)=18,200円です。(この金額に航空運賃をプラスしたものが実費となります。)

※ガソリン代、高速代金が半分になりますが、女満別空港で車をレンタルして札幌で返却するワンウェイシステム料金が発生し金額は変わりません。

お申し込みはこちらから → http://cosmicdancecompanyllc.com/submit.html

マヤカレンダーの終わり、太陽フレアと地球変動

X 1.5 – 2011年3月9日   1日目の昼の始まりの日  (3月 9日)

M 9.3 – 2011年7月30日  5日目の昼の始まりの日  (7月31日)
M 9.3 – 2011年8月4日
X 6.9 – 2011年8月9日

X 2.1 –2011年9月6日    6日目の昼の始まりの日  (9月5日)

X 1.8 – 2011年9月7日

X 1.4 –2011年9月22日    6日目の夜の始まりの日  (9月23日)
 コスミックコンバージェンスのセレモニーを終えて、今では、全ての創造の進化計画が完了するまでの時間は(あるいは少なくとも最高段階が達成されるまでに)、一つの「夜」に満たない期間とと一つの「昼」を残すだけになった。

 預言されていた通りに、第9サイクルは、その他の(第1~8の)波とともに、マヤカレンダーが2011年10月28日に近づくにつれて、途方もない周波数の高まりをもたらした。このことは多くの人々が個人的に経験しているが、世界の大部分を覆っている政治的・経済的カオスの拡がりからも容易に見て取れる。

 現在の不安定さは、実際に起こっている事柄ばかりでなく、現象や変化の受け止め方と報告のされ方が絶え間なく揺れ動いていることにも明瞭に現れている。

 たとえば、ギリシャはある日破産状態だと伝えられ一方、トロイカ(訳注:EU、IMF、ECB)の援助で十分に持ちこたえるとも言われ、その翌日には再び破産していると言われている。カダフィ体制は崩壊したと伝えられる一方、戦闘が続いているとも言われ、翌日には再び崩壊したと言われている。

 現在の不確実な世界では、インターネット上の新しいメディアによるニュースの解釈が、ギャップを埋める試みによって、しばしば差し迫っているカタストロフィについての全体的な確実性を語っている。そこでは、時にはエレニン彗星が地震を引き起こし世界を破滅させると言われ、次にエレニンは存在しないと言われ、そして再びエレニンが戻ってきている(それとも、それはプラネットXのことだろうか?)。

 何であれ、どんなに狂わしく不自然な代物でも、ユーチューブでは生真面目な視聴者を獲得し、あたかも深刻な情報であるかのように扱われているのだ。このようにして、世界の不安定さに、さらに情報のカオスが加わって、多くの人々にとっては、もはや誰を信じ何を信じればいいのか分からなくなっていることだろう。

 人々が、世界が磨り潰されていくという認識を持ってしまった心理的な枠組みは、実際に起こっている出来事の推移とともに、私たちの時代の表象なのだ。

 また、心理的な認識の意味深さをまったく拒絶する人々がいることも確かだ。

 この浸食は、私たちの思考方法に、新しい局面とラディカルなシフトのための基盤を準備した。そして、世界の大半は、第9サイクルによって、過去のバランスを振るい落とされたという事実の認識と受容へと向かわせた。これらの全ての背後には、何かしら未知で劇的なことが起ころうとしていることへの神経質な期待があるのかもしれない。

 多くの人々が、心の内でこの期待を極めてネガティヴに捉えているのは、驚くには当たらない。結局のところ、第9サイクルが展開していく様相は、本質的には黙示録16章を使って予言することができるのだ。

 そこでは、古い世界の構造が7日間でほとんど破壊されるのだ。このようにして、古い発展のルートは次々に塞がれ、現在の文明が行き詰まる経験が広まり、その代替策はまだ見えてこない。このように、第9サイクルが作り出した新しいものは、ごく少ないのである。多くの人々が内面でワンネスの覚醒を経験している一方で、その外界への表出は極めて周辺的な部分に留まっているのである。
 現在の世界を浸食するものの一つとして、私は比較的早くから、第9サイクル第5昼が経済の下降をもたらすエネルギーになるだろうと予言したが、これは全く正確なものだった(そして、経済は、人々が互いにどのように関係し合うかを映し出す最良の鏡なのだ。) 事実、この時からいわゆる”市場”が世界的な債務危機に見舞われ始め、第9サイクルのシフトポイントが訪れるごとにこの危機は深まっている。長引く危機の性質は、世界の政治経済システムが崩壊に向かっているという事実を変えるものではないし、崩壊を回避できる兆候はない。アメリカやドイツなど主要国の成長は止まってしまったし(ギリシャやイタリアは論外である)、そのために、実際には債務支払のためのあらゆる試みが塞がれているのだ。

 経済下降によって、より多く課税してくれという超富裕層の合唱や、中国がイタリアやユーロ諸国を支えるために国債を購入する可能性などの驚くべき現象が現れた。

 私には、これらのうちのどれか一つでも実現するとは思えないし、支配者たちもトリックの種が尽きたように感じられる。行き詰まりにもかかわらず、世界中のほとんどのところでは、おそらく人々の生活はこれまでと変わっていないだろう。

 このように、多くの人々が期待しあるいは恐れている崩壊を促進させるに足りるほど強い現象はまだ起こっていない。それは、10月11~28日にかけての第9サイクル第7昼に持ち越されるように思われる。もしそうであるなら、カレンダーが終わるときは、極めて顕著な断絶が起こるだろう。

 私たちが今目撃しているのは、いつのも景気後退ではなく、世界資本主義の終焉なのだ。  そしてアメリカで起こっている”ウォールストリート”への抗議運動が、これを端的に示しているだろう。

 しかしながら、古いシステムが生き延びている限り、それに代わる新しい世界が本当に始まることはない、という印象を持つ人もいるだろう。

 そのようになるためには、現在の二元論に基づく権力構造のために作られた法体系とあまりに多くの衝突を経なければならないし、そして完全な崩壊が起こった後でのみ、たいていの人は、新しい生き方の創造に情熱を燃やし、政治と経済の領域にも関係するだろう。

 また注意すべきは、このような新しい世界の誕生を妨げるために、崩壊が起こったときに、権力者たちはそれが一時的な経済下降にすぎないように見せかけるだろうことだ。

 統合意識へ向けた進化を表しているマヤカレンダーの視点を持たない人々は、そのような幻想に支配されてしまうことだろう。

 そして、このことはカレンダーが2012年12月21日に終わると信じることの危険性を際立たせる。それは古いシステムの復活を望む人々の手の内に落ちるようなものだ。

 政治経済上の混迷に加えて、第9サイクルでは多くの種類の自然災害が激しさを増している。それは、時には、以前には決して見られなかった激しさになっている。自然災害に大きな関心が持たれるようになり、インターネットでは大災害に熱中するジャンルを生み出した。

 そこでは、自然災害の情報が飛び交っているが、そのような災害がなぜ今起こっているのかは、理解もされず説明もされていない。それらの災害は、太陽フレア、彗星、地震、洪水、熱波、強風を含むが、その多くは第9サイクルになって頻発しているのだ。

 洪水、熱波、寒波、強風などの自然災害は、部分的には人類が気候に与えた影響によって強化されているが、地震現象についてはそうではない。それは私たちが引き起こしたり操作したりすることはできないものだ。

 これは、いわゆる地球変動についても当てはまる。異常な海岸線を作り出すなどの地球変動は、もともとエドガー・ケイシーによってその発生を予言されたが、ケイシーの発生時期を1958~98年とする部分は誤っていた。現在では大きな関心が集まっていることから、地球変動が宇宙計画の一部分で、マヤカレンダーを使って予言できるかどうか検討してみるのが適切だろう。

 「マヤカレンダーと意識変容(2004)」の中で、私は次のように述べている。「宇宙で現在進行している意識における周波数の高まりの結果として、少なくともいくらかの小規模な地球変動は起こるかも知れない。しかし、まさに地球変動が創造の最終段階の目的であるという最後の審判の見方を作り出すために、原因と結果を逆転させることは支持できない。起こりうるどのような物理的結果も、意識フィールドで起こる変化の副産物としてのみ捉えられるべきなのだ・・・」 

 そして、私は、これは今でも正しく、重要であると考えている。なぜならば、第9サイクルの周波数の高まりは、全宇宙、銀河系、太陽系、惑星、人間などの宇宙のさまざまなレベルで同時に作用しており、私たちはそれらの全ての表れを観察する期待を持っているのだ。だが、全宇宙や銀河系レベルでの表れを研究するのは困難かも知れないが、太陽レベルではそれは可能だ。フレアによって太陽への関心は高まっている。

第9サイクルで起きた太陽フレアの中で最大級のものを、以下にまとめてみる。これはマヤカレンダーと関係があるのだろうか?

 これは、長期間にわたる観測データの蓄積と解析を必要とする複雑な問題だが、そのようなデータは存在しない。それでも、上のリストに見られる、3月9日の第9サイクルの開始と、第5昼、第6昼の開始時に大規模なフレアが発生しているのは注目に値するだろう。

 これらのフレアとマヤカレンダーの第9サイクルにつながりがあると仮定していいだろう。たとえ太陽活動の活発化が通常の太陽周期の一部分だと予想されたとしても、現在の活動が数年間遅れているのは予測されなかったことで、そして、まさに今、第9サイクルとの同調性がはっきりしたのだ。

 もしこれが正しいとしたら、マヤカレンダーの終わりに向けて(10月11日から第7昼が始まる)、太陽フレアの活発化が予想されるのだ。

 私たち自身の惑星の地震活動を取り上げてみれば、私が「The Purposeful Universe」で検討したように、マヤカレンダーとの関連はよりはっきりしている。大陸移動は哺乳類アンダーワールドの惑星生命樹から発せられるパルスが原因になっており、大陸移動(プレートテクトニクスとも呼ばれる)はあらゆる地震と火山噴火の原因なのだ。

 今はカレンダーの終わりに差しかかっているのだから、グローバルブレインである地球の大陸構造もまさに完成され、それが地殻の安定性に影響するのではないかと問うことになるだろう。もしそうであるとしたら、最近の地震活動の増大は、地球内核が宇宙生命樹からの新しい統合意識の伝達を受けるために微調整された事実に由来することになる。そのような微調整は、地表に住む私たちにとっては、とりわけ”重大な(fine)”経験であり、極めて劇的な結果になるだろう。それでも、それらは目的を持った計画の一部分であると理解することが大切なのだ。

 これが、今のこの時に地震活動が増大しているのか(その増大は日本の地震と津波を通して第9サイクルの種が播かれたときに明らかになったが)についての、私が知る限り唯一の納得のいく説明なのである。現在の地震活動の増大は、言い換えれば、カレンダーが終わりに近づいているためなのだ。このことが不確かであっても、私自身は、カレンダーが終わるときには、地震に対して安全な場所にいたいと思っている。

 本稿は、2011年10月28日にマヤカレンダーが終わる前の、私の最後の発信になるかもしれないので、この”終わり”が何を意味するのかを検討し、そしてもちろんこれまでに検討されてきた質問も取り上げたい。

 私の基本的な答えは、宇宙が最高の量子状態に到達し、9階層のピラミッドの頂点において、生命のための新しいステージを創造する、ということだ。

 カレンダーが終わると新しいサイクルが始まると一般的に考えられているが、誤りである。なぜならば、まず、終わりになるのは(循環する)サイクルではなく、9つの、方向性を持った直線的な進化の波なのである。

 預言的なマヤカレンダーシステムの中でサイクルと呼べるものは、260日のツォルキンだけであり、終わりになるサイクルはツォルキンだけなのだ。

 それでも、このサイクルが創造エネルギーのマトリックスとして、そして日文字との個人的な共鳴のマトリックスとして重要であるとしても、それは大スケールの宇宙の進化や宇宙意識の進化を駆動する役割は持っていないのだから。

 このことを心にとめて、私は宇宙が最高状態を達成した後の3つの可能性を考えてみたい。第1に最も劇的な可能性は、ツォルキンのサイクルと同じく全ての波が終わることだ。

 これは、私たちの生活や行動のエネルギー的な規制が未来に向かって突然終わることを意味し、一種のフリーダムショックをもたらすだろう。

 人生は、完全に瞬間瞬間だけを生きることになり、それぞれの瞬間がすなわち永遠であり、それは他の瞬間との組織的な繋がりを持たない。第2の可能性は、これは私が最近思索しているものだが、9つの波はその進化プロセスを達成して終了するが、ツォルキンはいくらかのエネルギー的なバックグラウンドのヴァリエーションを作り出すために継続する、というものだ。

 ここでは、私たちの進化を方向づける波はなくなって瞬間瞬間に生きていくが、ツォルキンの日々のエネルギー変化が、完全な無時間の経験を妨げるのである。第三の可能性は、ツォルキンだけでなく、9つの創造の波(アンダーワールド)も無限定に続いていき、ピークとデップも13に限定されないというものだ。

 これは、やはり、私たちがもはや趣旨から成熟した果実へと方向付けられたプロセスに縛られることはないが、永遠の現在をいきるということを意味しない。

 むしろ、現在私たちの進化を駆動している全ての波は、統合意識を達成した後も、終わることなく継続していく、というものだ。

 後者の見方は、古代のパレンケの遺跡に残されているように思われる。なぜなら、そこでは、予言的とは考えられないにもかかわらず、カレンダーの日付が遠い未来まで言及されているのだ。

 いまのところ、カレンダーが終わった後に、3つの可能性のどれが実現するのかは確実なことは言えない。だが、いずれにしても、私たちの生の経験に根本的な不連続性と、全面的とは言えないとしても重大な変容をもたらすだろう。

 3つの可能性のどれもが、方向付けられた進化の終わりと自由の実現を意味するのだ。ネガティヴな前兆が同時に現れている現在の状況にもかかわらず、おそらくは、未来からの”呼びかけ”を耳にしているために、おびただしい数の人々が、まさにこのときに本来の故郷に帰り、まさにあるべき姿の人生を楽しみ始めているのだ。つまるところ、おそらくは統合意識へのシフトが進行していて、宇宙は、私たちが本来の存在に戻っていくことを許し始めているのだ。

We have now celebrated the Cosmic Convergence and there is less than one night and one day before the fulfillment of the evolutionary plan for all of creation (or at least the attainment of the top level). As predicted the Ninth wave of this plan, which is coming to a close together with the other waves of the Mayan calendar on October 28, 2011, has brought a tremendous frequency increase to the world. This has been experienced on a personal level by many, but it has also been easily visible in the spread of political and economical chaos in large parts of the world. The current instability is evident not only in what is actually happening, but also in the constant shifts in how events or developments are perceived and reported. Greece, for instance, is one day said to be bankrupt, another fully afloat with the help of the troika, and the next day it is again said to be bankrupt. One day the Ghaddafi regime has fallen and another it is again fighting only to have fallen the next day again.

In this world of uncertain interpretation of news alternative media on the Internet have gone in to try to fill the gap sometimes speaking with total certainty about impending catastrophes. There, one day the comet Elenin is said to create earthquakes and to set an end to the world, the next it does not exist and then it is back again (or was it planet X?). Anything, no matter how crazy or farfetched, can today find an attentive audience on YouTube and be presented as if it was serious information. To the instability of the world has thus been added information chaos and it is a common feeling among many that they do not know who or what to believe anymore. The mental framework within which people have understood the world is eroding and this, as much as the actual course of events, is a sign of our times. Some reject the meaningfulness of mental understanding altogether.

This erosion prepares the ground for a new opening and radical shift in our ways of thinking and relating and attests to the fact that much of the world has been shaken off its previous balance by the Ninth wave. Underlying all of this we may find a somewhat nervous expectation of something unknown and dramatic that is to happen. It is not surprising that in the minds of many people this expectation has been largely negative. After all, the development of the Ninth wave has been essentially predictable according to Revelation 16, where it is the seven days that bring the most destruction to the old structures of the world. Thus, progress along the old routes has step by step been blocked and the experience of a dead end to our current civilization has spread widely with little to yet show in terms of alternatives. The novelties that have been generated by the Ninth wave have thus in the world at large been few and far in between. While many may have had inner awakenings of oneness the external manifestations of these have been very marginal.
As part of the erosion of the current world I had predicted at a relatively early point, quite correctly, that the fifth day of the Ninth wave would be the energy that would precipitate the economic downturn (And the economy may be the best mirror of how humans relate to one another). This was in fact also the time when the so called “markets” truly started to be affected by the global loan crisis, which has since with every new shift point of the Ninth wave continued to deepen. The drawn out nature of this crisis does not change the fact that we are going towards a collapse of the economical and political system of the world and there are no signs that this could be averted. Growth in key countries such as the US and Germany has come to a halt (not to mention Greece and Italy), which in practice blocks all attempts for the repayment of debts.

The economic downturn has displayed some surprising elements such as the expressed desire of a choir of super rich to be taxed more heavily and the possibility that China will buy debt from Italy or other Euro countries to keep them afloat. I however find it hard to believe that any of this would actually happen and the feeling one gets is that the rulers are running out of tricks. Despite the dead end, it can however probably be said that life in much of the world still appears much like business as usual. Thus, no occurrence has yet been powerful enough to precipitate the collapse that many are expecting or fearing and it now seems that this will not happen until in the seventh day of the Ninth wave, October 11-28. If so, the end of the calendar may become a very marked discontinuity.

What we are witnessing is thus not another recession, but the end of the world capitalist system and the protests in the US against “Wall Street” may be an indication as good as any of this. One however gets the impression that as long as the old system survives there is no real opening to create a new world to replace it. To do so would be too much in conflict with the legality of the current dualist power structure and only after some kind of full collapse has occurred would people in general be compelled and inspired to create a new way of living and relating in the realms of politics and economics. To prevent such a new world from being born we can also be certain that when the collapse comes this will be presented by the powers that be as nothing but a temporary downturn. Such an illusion may then come to dominate many who lack the perspective of the Mayan calendar of an evolution towards unity consciousness and this also highlights the risk of believing those that say the calendar ends on December 21, 2012, which is something that will play right into the hands of those that want to resurrect the old system.

In addition to the deepened political and economical chaos the Ninth wave has also brought a marked intensification of many types of natural disasters sometimes in places they have never been seen before. This has generated an immense interest in all such phenomena and a genre of catastrophe fascination has emerged on the Internet where some are spewing out information of natural disasters without providing any context or explanation to why they may be happening now. Such events would include solar flares, comets, earthquakes, floods, heat waves and extreme winds, many of which have increased in the Ninth wave.

Some of these natural disasters that have been intensifying (floods, heat and cold waves, fires, extreme winds) are partly caused by human effects on the climate, but the same cannot be said about the seismic phenomena that are outside of our control to cause or manipulate. This is even more the case for so called Earth Changes generating altered coastlines etc that were initially predicted by Edgar Cayce as coming, but erroneously predicted to occur in the years 1958-98. Given the great interest in such today it is relevant to ask if they to some extent could be part of the cosmic plan and thus be predictable from the Mayan calendar. In The Mayan Calendar and the Transformation of Consciousness (2004) I wrote: “At least some minor earth changes may thus result from the high frequency change in consciousness that the cosmos is now undergoing. But the reversal of cause and effect to generate a doomsday view where such earth changes are presented as the very purpose of this particular phase of creation is untenable. Any possible physical effects should be seen only as by products of changes in the consciousness field […]” and I still consider this statement as valid and important. Since the high frequency change in the Ninth wave is operating at several levels of the universe simultaneously, such as cosmic, galactic, solar, planetary and human, we would expect to see it manifested at all of these. While it may be hard to study its manifestation on the cosmic or galactic levels it seems possible to do so on the level of the sun, which increasingly is receiving attention for its flares. Are these flares, the largest of which within the Ninth wave have been summarized below, then related to the Mayan calendar?

This is a complex question that would require data accumulated over large periods of time to be analyzed that is essentially missing. Yet, it is noteworthy in the list above that there was a large solar flare at the beginning of the Ninth wave on March 9 as well as those at the beginnings of the fifth and sixth days. Hypothetically there might then exist a link between these flares and the Ninth wave of the Mayan calendar. Even though an intensification of solar activity is expected as part of any regular solar cycle, what is unexpected in the current one is that this activity seems to have been delayed for several years and is made evident only now in apparent synchrony with the Ninth wave. If this is true an intensification of solar flares would be expected towards the end of the Ninth wave in its the seventh day beginning October 11.

When it comes to seismic activity on our own planet, the link to the Mayan calendar is more clear as I have discussed in The Purposeful Universe. Thus, the continental drift is caused by pulses from the planetary tree of life in the Mammalian Underworld and this drift (also called Plate Tectonics) is the cause of all earthquakes and volcanic eruptions on our planet. Since the calendar is now about to come to an end we may thus also ask if the continental structure of the Earth, the global brain, will now be completed and if this will affect the stability of the Earth’s crust. If it does then maybe, the increased seismic activity in recent times derives from the fact that the inner core of the Earth, is now being fine-tuned for the transmission of the new unity consciousness from the Cosmic Tree of Life. Such a fine tuning may however from the perspective of us who live on its surface be experienced as particularly “fine” and could in fact have quite dramatic consequences. Regardless it is important to see that these are part of a purposeful plan.

This is the only reasonable explanation I have heard for why there would be an intensification of seismic activity at this particular time, an intensification which was certainly evident at the seeding of the Ninth wave through the earthquake and tsunami in Japan. If there is an increased seismic activity at the current time it would in other words be because the calendar is coming to an end. While this is speculative I will on my part chose to be at a seismically solid place as the calendar approaches its end.

As this most likely is my last communication before the Mayan calendar comes to an end on October 28, 2011, it may now also be in its place to discuss somewhat what this “end” may mean and of course is a question that has been discussed for some time. My basic answer would be that the universe attains its highest quantum state and creates a new stage for life (at the top of the nine-storied pyramid). It is thus a common misunderstanding that a “new” cycle will begin after the calendar comes to an end. This is a misunderstanding because what is coming to an end is not a cycle to begin with, but nine linear directed evolutionary waves. The only aspect of the prophetic Mayan calendar system that may be described as cyclical is the 260 day tzolkin and this is the only cycle that will come to an end. Yet, even if this cycle is important as a matrix of the energies of creation and personal resonance with day signs, it plays no role in driving the large scale evolution of the universe or its evolution of consciousness.

With this in mind I see three possible alternatives that may follow after the universe has attained its highest state: The first, and most dramatic alternative, is that all waves – as well as the tzolkin cycle – come to an end. This would likely mean an abrupt end to all future energetic regulation of our lives and actions and a sort of freedom shock. Life would be lived fully moment by moment by moment and each moment would be an eternity that would not be organically linked to other moments. The second alternative, which I am currently leaning towards, is that the waves end, after having accomplished their evolutionary purposes, but the tzolkin continues to provide some energetic background variation. This would still mean living moment by moment without any waves directing our evolution, but a daily variation of tzolkin energies could prevent us from experiencing life as completely timeless. The third alternative is that not only the tzolkin, but also the nine creation waves (Underworlds) continue indefinitely and the total of peaks and valleys not limited to thirteen. This would still mean that we would no longer be subordinated to directed processes going from seed to mature fruit, but it would not mean that life would be like an eternal now. Rather, all the waves that are currently driving our evolution would continue after the attainment of unity consciousness, but really without any end.

The latter view seems to have been held in the site of Palenque in ancient times, since calendrical dates deep into the future are mentioned there even if the dates in question cannot be considered as prophetic. I feel at this point it is not possible to tell with certainty which one of the three alternatives that will play out after the calendar comes to an end, but either one would amount to a fundamental discontinuity and a significant, if not total, transformation of our experience of life. Either one of them would mean the end to directed evolution and the freedom to just be. Maybe it is because they hear this call from the “future” that, despite the concurrent presence of some negative omens at the current time, I find a noticeable group of people who at this very time are coming home to themselves and are truly beginning to appreciate life exactly the way it is. Maybe after all there is a shift to unity consciousness going on and that the universe is now starting to allow us to just be whatever we are.

Carl Johan Calleman
Paris, September 30, 2011 (11 Eb)
8th day of the sixth night of the Ninth wave

BELIEVE IN THE FUTURE!マヤのDVDとJUJUの「2012プレディクション」!

注目


今すぐ申し込む方はこちらから↓↓↓

http://cosmicdancecompanyllc.com/submit.html

…………………………………………………………………………………………………………………….
第1弾
…………………………………………………………………………………………………………………….

DVD・解説付き 販売価格 2,000円(消費税込)
お申し込みはこちらからどうぞ↓
http://cosmicdancecompanyllc.com/submit.html

…………………………………………………………………………………………………………………….

…………………………………………………………………………………………………………………….
Director&Camera 中村忠司
…………………………………………………………………………………………………………………….

2011年2月小宮ベーカー純子氏と10年ぶりに再会、マヤ暦の神秘を学び、
「マヤ暦最後のククルカン降臨」の記録のためユカタン半島へ同行を計画。
出発の数日前、3月11日、日本が根底から揺れた。
それはマヤ暦最終章が始まった2日後だった。
混乱と不安、混沌とした現状の中、「今、私たちに出来る事」をお互いに確認し、
マヤの聖地ユカタン半島へ旅立った。
現地で一番感動した出来事が、会う人会う人が日本へのエールを口にしてくれたことだった。「ご家族は大丈夫だった?」「日本は絶対立ち直れるよ!」とても勇気づけられ、
嬉しかった。外国人観光客も現地のインディオも皆同じように・・。
国対国だと実情冷ややかだが、国境を越えた人と人との愛情は偉大だった。
この利害の無いエネルギーが今の世界に必要だと直感したのである。

日本は世界のフラクタル(縮図)と言われている。
3.11以降、日本人の多くに意識の覚醒が間違いなく起こっている。
世界を見渡しても、長年築いてきた文明の「やりかた」が音を立てて崩れている。
物質文明の大ピンチである。
しかし、このピンチは同時に人類がステップアップする大チャンスでもある。
高度な精神文化と高度な科学技術の融合(右脳と左脳の統合)した地域・国づくりの
雛形を世界に示す運命にあるのが日本なのである。

今、「その時」を迎えた人類の転換期を一人一人が認識し「想い」を発信し、
行動することの重要性を痛感している。
「個々の自立と自覚がこれからの世界を創っていく」なんて、20年前では
無理だっただろう。
しかし、今、宇宙のプログラムと波動はその時を示している。
「マヤ暦の終わり」が私たちに伝えてくれたもの・・・

「BELIEVE IN THE FUTURE」

DVD 販売価格 2,000円(消費税込)
お申し込みはこちらからどうぞ↓
http://cosmicdancecompanyllc.com/submit.html

…………………………………………………………………………………………………………………….

日本映画学校(現;日本映画大学)卒業。
CM・映画の撮影助手を経て1987年にムービーカメラマンとして独立。
CMを中心にムービーカメラマンとして活動する傍ら、自主制作活動を始める。
1994年 有限会社エフ・リンクスを設立。
映像制作全般(企画・演出・撮影・編集)にわたり活動を開始。

…………………………………………………………………………………………………………………….
producer 小宮ベーカー純子
…………………………………………………………………………………………………………………….

<マヤの末裔のお話を聞くJUJU.マヤとは何かの参考にぜひご覧ください!>
http://www.youtube.com/watch?v=-tlIcLUtIPI&list=UUjdoqjOz-flB4XhQ7epBRsg&index=7&feature=plcp

こんにちは!

このHPをご覧の皆様にはおなじみのJUJUです。
精神世界系の本の出版やセッション・ワークショップ、コズミックダンスの公演など
今まで多岐にわたって活動してきましたが、映画の世界にいた父から受け継いだ血が
どうしても騒いでしまい、20年前に女優は辞めたものの、どうしても映像の世界に
心惹かれてしまう私です。
3.11以降は、さまざまなアーチストたちが、真実を知らせるために音楽や映画
その他の作品を作って、見る人たちにさまざまな形で訴えかけていますが、私や監督の
中村氏もその流れの中にいる人間だと思って下さればと思います。
マヤ暦の完了に向かうウェイブは、私たちをより高い意識の世界へと運びました。ただ、それがどんな意識の世界かを認識するには、まだ私たちの表面を覆っている「過去の自己認識」の膜のようなものの作用のために、はっきりと認識できない状態にあります。
2012年はその膜がはがれるためのさまざまな出来事が起こると思います。
そんな時に、マヤの暦の第9ウェイブの最中に降臨した羽のある蛇の神=マヤの最高神であるククルカンの波動を感じることは、言葉を超えた意識の統合を促すものだと思います。
そして、その波動の中、人々はどんどん目覚めて、世界がこの先どのような創造に向かっていくべきかを感じられるようになると思います。
特に、日本は3・11という高波動の影響を受け、国や大企業のあり方が暴かれたと思われます。人々が薄うす感づいていたものが、現実となって現れてしまいましたが、それもきっと日本集合意識が選んだことなのではないかと思います。
どんな地震や津波が来ても、力を合わせて復興してきた日本も、広島や長崎の魂が癒されないまま、次から次へと作ってきた原発の脅威の下では、我が国十八番の「前例に従う」という策がとれないのです。
しかし、それこそ、集合意識がもくろんだ真の変化変容のための試練ではないかと思います。なんという大きな試練を私たちは選んでしまったのでしょうか。
ここからは、ほっておけばなんとかなるという今までのような楽天的な態度をとるわけにはいかないのです。この状況を受け入れて守るものは守り、変えるべきものは変え、怒りを悲しみをすべてポジティブな創造力に変えていくという想像を絶する創造性の発揮が求められるのです。
まさに、精神的なチャレンジです。
魂の力を発揮する時が来たのです。
そして、世界でもトップレベルのテクノロジーと魂の力を統合させるべく
私たちは、未曾有の出来事が起こることを心の奥深いところで許したのでしょう。
だけど、負けているわけにはいきません。
家族を失った人、家族が崩壊してしまった人、財産を失ってしまった人
信じるものを失ってしまった人、今もまだ放射能の脅威の中に住んでいる人
不理解と闘い始めた人、新天地を切り開こうとする人、
愛するもののために移動した人
愛するもののために移動せずとどまる人
その、すべての人が新たな日本の魂を生み出す礎となっているのです。
なんという偉業を果たすために、この時代に生まれたのでしょうか。

そんな同時代人のあなたと
是非シェアリングしたいのが、この作品です。
BELIEVE IN  THE  FUTURE
私たちには、未来があります。

DVD 販売価格 2,000円(消費税込)
・収益の一部は3・11被災者の方への義援金とさせていただきます。

http://cosmicdancecompanyllc.com/submit.html

…………………………………………………………………………………………………………………….
第2弾

毎年、みなさんにお贈りしている書店では買えない読み物と音声ファイル。
今年はズバリ、『2012・プレディクション』
ご購入された方は、1月に行うUSTREAMでの配信ワークショップにご参加いただけます。
…………………………………………………………………………………………………………………….

…………………………………………………………………………………………………………………….
INDEX
…………………………………………………………………………………………………………………….
2012年、宇宙は更なる高波動を私たちに送り続けてきます

★DNAの中に眠る記憶
★ 「暦の終わり」は「時の終わり」?
★ 2011年3月9日に始まった高波動は2011年11月16日から裏サイクルに入った!
★ 意識波動の上昇がもたらす崩壊とは?

正しいと思っていることをひっくりかえしてみよう♪
★「正常性バイアス」と「非常呪縛」に足をとられにくい人、とられやすい人
★「認知不協和」という矛盾の中で生き続けられるのか?
★ 俯瞰すれば、「集団同調性バイアス」に気づけるか?
★ 自由や安全は何をしなくても手に入るものだという思い込み

優生学に基づくコントロールから自由になるために♪
★ガイド・ストーンの十戒とは?
★アインシュタイン・コード・遺伝子組み換え・バイオパイラシー
★「最後の審判の日」貯蔵庫
★ハイブリッドファーム・ブルービーム

意識が現実を作るためには高波動は好都合
★ 高波動な絆を作ると、人間関係が取るに足らない問題になる
★ パラレル・フューチャーへのドロップ・アウト
★ 喉元を過ぎれば熱さは忘れられるのでしょうか?

★ さあ、この波動の中でこそできることをはじめよう!

2012年・数字に隠された意味
★ SKULL and BONESに隠された23:11とは?
★ 2012は、2000+12ではなく20:12?
★ 2012年はなぜ移動する人が増えるのか?
★ 2012年6月6日・6時間継続するヴィーナストランジット

その他
…………………………………………………………………………………………………………………….
<読者の方からの感想>

私にとってこの読み物は、2012年をスタートさせるために
大変参考になる読みものとなりました。
さらに、深い理解が出来るように手助けしてくれたのは、
USTREAMのセミナーですね。

これは本当に今回のテキスト内容の理解を深めるのに役立ちました。
毎回楽しいし^^

世界情勢や経済、人々の意識においても
非常に混乱していますが、
そんな中で自分の立ち位置を決め、
情報や他人の動きに惑わされない
自分を確立出来そうな気がしています。

その第一の理由として、
DNAからのメッセージを受け取るワークが
私に自信を与えてくれたと感じました。

ワーク後は、大きくて深~い愛情の波に包まれている様な気がして、
一人で感動してしまいましたが、(笑)
こんな大きな愛の後ろ盾があれば何でも出来そうな気がしました^^
多分、試された方はみんな同じような感覚になったのではないでしょうか?

あんなステキな気分にさせてくれるなんて、
本当に本当に驚きです!

今年はさらに俯瞰する力が必要になる気がするので、
正常性バイアスやスコトーマ、コンフォートゾーンなど、
意識してそれらの呪縛に捕らわれないようにしたいと思います。

また、私の場合、同じような生活リズムになりがちなので、
毎日、出来るだけ昨日とは違う事や経験したことのないことを
取り入れていくこと、
それから、出来るだけたくさんの人と会う事を決めました。
そうやって、少しずつ自分の枠を超えていろんなひとや物事と
繋がっていこうと思います。

テキストに書いてある事すべてが腑に落ちて理解出来た訳ではないので、
今後もこのテキストを参考にしながら実生活の中でも役立てていきたいと思います。

とても貴重な読み物を提供していただきありがとうございました!

埼玉県在住 A/G 主婦&コンサルタント

セット価格

読み物+音声ファイル+3時間ワークショップ(USTREAM配信)
価格 10、000円(税別)

…………………………………………………………………………………………………………………….
DVD+読み物+音声ファイル+3時間ワークショップ(USTREAM配信)全部で
10,000円(税別)となります♪~~☆・・・

今すぐ申し込む方はこちらから↓↓↓

http://cosmicdancecompanyllc.com/submit.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

付録 <フィボナッチ折のやり方>
~折り方がわからない方は、こちらを参考にしてください~






ご好評につき5/21(月)までキャンペーン価格でお届けいたします!

GWプレゼント&キャンペーンにたくさんのお申し込みありがとうございました。
最終日の5月6日には、
PCやインターネット回線の不具合にて
申し込みしにくいなどの状況が起きていたようです。

★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

GWまでのプレゼント&キャンペーンを
スーパームーンだった満月の5月6日から
金環日食の起こる5月21日までに延長することに致します!!

★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

「アトランティスの子供たち」をお読みになった感想も
お申し込みの際に一緒に届いています。
私たちの中に記憶しているDNAが呼び覚まされ涙したとのこと。
アトランティアン・ジオメトリーの箱に入った3本は、
心強いマギの言葉が転写されているので
自分の本質を信じ、未来を創造し活かす人生を選ぶあなたのサポートになる
オーラマジックスプレーです。

★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

キャンペーン後の価格は1本、4,980円。
慈愛+智恵+勇気の3本セット
アトランティスジオメトリーボックス入りは14,800円になります。
5月21日までのキャンペーン価格は、10,500円(送料込で11,000円)、
※ Paypalの場合11,453円(送料込)です。
「アトランティスの子供たち」をお読みになる方はこちらをクリック!
お申し込みの方はこちらをクリック!
 
お話しの中で、長老がアトランティスの子供たちに手渡した
アトランティアン・ジオメトリーの箱に入った3本の小瓶が誕生しました。
今までのオーラスプレーのように
オーラの層にかけてフィールドを広げてください。

★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


慈愛 Mercy


☆慈愛 Mercyは、優しいお花の香りに
カレンデュラのレメディの波動と慈愛をもたらす
次のマギの言葉が転写されています。

『私は、無条件に私を愛します。
私は、私を無条件に愛するように他人も愛します。』

ボトルの中に入っているのは
パワーストーンと呼ばれるジェムストーンではなく
宝石の部類に入る エメラルド♪

慈愛は、
点に象徴される一人と、もうひとつの点に象徴される一人がつながり
上位世界へと昇華しながら愛というもうひとつの点を表す三角で象徴されます。

★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

智恵 Brainy

 
☆智恵 Brainyは、透明感のある樹木の香りに
オークのレメディの波動と智恵をもたらす
次のマギの言葉が転写されています。
『私は、宇宙の根源が与えてくれる感性と知性の経験を
美しいバランスで統合する創造性を使います。』

ボトルの中に入っているのは
これもパワーストーンと呼ばれるジェムストーンではなく
宝石の部類に入る サファイア♪

智恵は、
自分の尻尾を加えるウロボロスにみる
始まりと終わり、問いと答えがひとつになる象徴
すばらしい回転をもたらす円で象徴されます。

★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 勇気 Bravery


☆勇気 Braveryには、爽やかなシトラスの香りに
アナカーディアムのレメディの波動と勇気をもたらす
次のマギの言葉が転写されています。

『私は、困難を慈愛の力で乗り越え、
智恵を使ってあるがままに、
落ち着いて力強く行動します。』

中に入っているのは、もちろん
宝石の中でも力強い ルビー♪

勇気は
4つのエレメント火・風・水・土という自然の力が
最高にバランスよく繋がりあい、
整然とした実行力を発揮する四角で象徴されます。

★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

この3つの力があなたの中でひとつになり
今までの世界に変化をもたらし
爽やかで生き生きとした慈愛に満ちた世界が広がるために
あなたに何ができるのかを知らしめ
癒し、応援してくれることを信じて
心を込めて創りました。

このオーラマジックスプレーのシンボルは
○と△と□
このシンプルで美しいジオメトリーに隠された力が
オーラを広げ、羽ばたかせます。

慈愛+智恵+勇気の3本セット
アトランティスジオメトリーボックス入り
キャンペーン価格 10,500円(送料込11,000円)
※ Paypalの場合11,453円(送料込)になります。
お申し込みは

50パーセントオフ!マヤのDVDとプレディクション

DVD・解説付き 
…………………………………………………………………………………………………………………….

◆DVDをご覧になった方々から、さまざまなご感想をいただきました!ありがとうございます!!!

◆DVDを観て、どんよりしてちゃいけないぞ自分!って思いました!
(北海道在住 主婦 Mさん)
◆ただただ、感動しました!
(77歳 男性)
◆そうなんだよね、命をつないでいくのが私たちの仕事なんだよね!
(東京在住 女性)
◆言い表せなかった事が、ここにあったという気持ちです。泣きました!
(東京在住 女性)
◆宇宙と繋がっている私たち。大きな力とともに生きているんだなって・・・思いました。
(神奈川在住 女性)

ご好評いただいたマヤのDVD「BELIEVE IN THE FUTURE」とJUJUの「プレディクション2012」+音声ファイルは
USTREAMでの配信ワークショップが終了したため、50パーセンチオフでご提供させていただくことになりました!

この機会に、どうぞ、ご利用ください。

…………………………………………………………………………………………………………………….
セット価格

読み物+音声ファイル+DV「BELIEVE IN THE FUTURE」
価格 5000円(税別)

…………………………………………………………………………………………………………………….
続きを読む

18日ごとの未来メーカーギャザリング(旧・7次元シフトセミナー)


° ★ 18日ごとのワークショップ
『未来メーカー・ミラクルコネクション』

_______________________________

創造的なスピリチュアルに突入したあなたは
未来を創造する未来メーカーです。

しかも、ミラクルを起こすコネクションをもっている
未来メーカー ミラクルコネクション!

さてさて
不思議なことに時間から解放された今も
18日周期の高波動のウェイブが続いています。

コールマン博士の新しい論文↓2012年3月18日付け

http://www.calleman.com/content/articles/Focus_on_the_Sun.htm

コールマン博士のウェイブの見方は以下のPDFにあります。
http://www.calleman.com/img/graph2012.pdf

JUJUの未来メーカーミラクルコネクションギャザリングでは
ピラミッドを登り降りする羽のある蛇=ククルカンの動きをもとにした見方と
コールマン博士の論文に基づく見方の双方を用いてワークしていきます。
******************************
どちらの見方でも、ウェイブのサイクルの始まりの日とトップの日、終わりの日は変わりません。
さあ
あなたの感覚は、このエネルギーをどうとらえていくでしょう?

2011年3月8日~10月28日までサイクルそのものが
昼のサイクルを表すとすると
2011年10月29日~2012年6月18日までは夜のサイクルとなります。

続いて
2012年6月19日からの234日は再び昼のサイクルで
2013年2月7日まで続きます。
このようにして2016年までサイクルが続くのですが、
今年の6月21日の夏至は、ちょうど3.11とフラクタルになるので
高波動な動きをみることができるかもしれません。
(善し悪しで考えるのではなく、古い自分が更にディフィートされるということ。
3・11は悲惨な出来事でしたが、この出来事によって明らかになったことが
多々あります。また、より自分らしく生きる決断を下す分岐点になっていることも
見逃してはいけない点。)

巷で話題にされているマヤ暦の終わり2012年12月21日は、
18日周期のウェイブでみると
6日目の昼のピーク3日前にあたります。

本当かどうかは私にはわかりませんが、暗黒の3日3晩が来るのは
6日目の昼のピークあたりに起こることになります。
(しかし、実際に電気が3日3晩止まってしまったら、世界中の原発が
爆発してしまうではありませんか!?)
などなど

この18日周期でできる高波動の周期をもとに
新しい自分が創る未来、
思った以上のことが起きるミラクルな未来にフォーカスしながら
新しいタイムラインの創造者となって
地球のタイムラインごと変化させてしまおうという
未来メーカーのためのワークショップ&ギャザリングを
昨年の7次元シフトセミナーと同様の方式で行います。

今回の特徴は
ワークショップを行うのが18日周期の終わりと始まりの日ではなく
エネルギーがトップとなる2日間に行うところが特徴です。
すでに、10月29日からの18日周期は5日目の夜に突入しています。
しかも、
昨日、4月17日と今日4月18日はこのエネルギーのトップの日なのです!

強いエネルギーを感じている人がいるのは当然ですね。

また、今年の5月2日は2012年の12月21日とフラクタルな日・・・
ですから、この日に注意を払うことで
どんな未来がやってくるかをチャンネルすることもできるわけです。

もう、ワクワクします~~

という方もいらっしゃることでしょう(笑)

ということで

次の18日サイクル「6日目の昼」がはじまる4月27日(金)28日(土)に
第1回目のギャザリングを行います。
参加費 2日間セット 15,750円
(1日参加のみでも同料金となります。ご出席にならなかった日の録画はお送りします)
27日(金)7時~9時 原宿
参加者の方には場所の詳細をお送りいたします。
(両日は、終了後 夜カフェ参加される方はご連絡ください。)

★会場で・USTREAMとSKYPEで、どれでも参加可能です。

未来メーカーになるために、今、まだ残っている課題や問題の整理も
もちろん、していくワークショップ&ギャザリングです。

お支払いは便利なPaypalをご利用になれます。


★今回のサイクルの終了する6月18日までのターム
4月27日(金)・・・・・・・・PM7時~9時
5月5日(土) 6日(日)・・・・・PM2時~4時
5月22日(火) 23日(水)・・・ PM7時~9時
6月9日(土) 10日(日)・・・・・ PM2時~4時
ウェイブ完了の日6月18日(月)・・・・・PM7時~9時

全8回~2日を1セットとしますので、15750円X4回=63000円→→→ 56,700円
まとめてお支払いの方は、10パーセント引きとなります。

新しい9ウェイブサイクルのスタートは、6月19日から!
未来メーカーは、この日をスタートにまだ続きます♪
追ってお知らせいたします。

お申し込みは
http:// 続きを読む

未来メーカーのためのSI-V・講習会・ギャザリング

メルマガからこちらへ飛んできてくださった方も、HPに突然やってきた方も、ようこそ♪
最後まで、どうぞ、じっくりお読みくださり、未来メーカーなあなたのための決断を下してくださいね。
基礎講習は 5月5日(祝 )
        6日(祝 )
受講料 2日間 31,500円
両日続けて参加できない方は、6月の講習で受講されなかった日の内容を
受講して下さい。

SI-Vは100名に及ぶリサーチプロジェクトにより研究された
30分4ステップのインタヴューです。
すでに150名以上のインタヴュアーが、日常の様々な側面でこの方法を使って
決断を下し、シンクロニシティを楽しみながら未来創造を行っています。
新・SI-Vは旧・SI-Vのシンプル化インタヴューのSから、
発足当時の名称 スピリチュアルインタヴューのSを含むものとして
新たに、更に多くの方に使っていただけるツールとしてリニューアル致しました。

4つのステップは
1・リーディング=3つのキーワード選択
2・スピリチュアル・インタヴュー=テーマ・課題・問題の提示と内観インタヴュー
3・リラクゼーション
4・リコグニション=シンプル化された答えの発露

で、成り立っています。
SI-Vの構造は古代の智恵である「カバラのヤコブのラダー」を基礎とし
上下世界を一つにまとめていく画期的な方法です。

私達のDNAの中に既に書きこまれていた古代の智恵が
この時代に生きる私達のための愛と智恵と勇気をアクティベートします。

SI-Vについては拙著「五次元思考実践ガイド」をお読みください。
お申し込みは弊社までメールでどうぞ。

日本列島は地震活動期に入ったといわれている現在、
ネットを利用した講習会は、自宅で受けられるので安心だとおっしゃる方も増えてきています。
昨年の3月以来、USTREAMとSkypeを併用した講習会やワークショップを行って来ました。俳優業についていたときは、カメラ目線で演技をしてはいけないということが鉄則でしたが、USTREAMのカメラの前では、カメラ目線でこちらからは見えない参加者の皆さんと交流するという新しいチャレンジをしてみて、これこそ、今に生きるみなさんのニーズに答えられるものだと感じました。

一同に会して行う講習会は臨場感も高く、エキサイティングな交流の場でもあります。
しかし、移動のために交通費がかかりすぎたり、講習の場のエネルギーに飲まれてしまい
学んだことよりも、講習に出たという行為の方が上を行き、体得するべきことも質問も中途半端になってしまうということも往々にしてあります。

自宅で受ける講習は、会場への行き帰りの時間が省けるだけでなく、自分のコンピューターの前で落ち着いて学べる良さがあります。

また、講習の内容は録画されているので、何度も見直すことができるため、流されてしまいがちな点もカバーすることができます。

もちろん、
ネット上での講習は、実際に参加して、様々な人との交流を楽しみながら習得する楽しさに勝るとは言えませんが、その点は、一人ひとりとSkypeで繋がり、他の場所で受講している人たちの声をその場で聞ける方式をとるので、たった一人でTVを見ているような感覚とは少々異なります。

また、
Skypeのチャット機能を使って、随時質問を受け付けたり、ドキュメントファイルを送信したりと、まるで、その場に一緒にいるかのような対応をとるので、ライブな雰囲気に満ちています。

すでに
昨年のセミナーにご参加になった方たちは、この方式の楽しさや面白さを十分に経験されたことと思いますので、改めてご説明することは何もありません。

すでに1年が経過した東北地方大震災では多くの大切な生命が津波の犠牲になってしまいました。そこで震災後、危険を回避する方法として説明されたことの中に「正常生バイアスに陥らないようにして生命を守る」というものがありました。
危険が迫っているのに、周囲の人たちの行動を見て、あたかも危険がないかのように錯覚してしまうこの正常性バイアスは、地震などが起きた時に突然回避できるものなのでしょうか?
地震の活動期に入ったと言われる日本では、連日、どの地域喉のトラフが危ないとか、新たな断層が発見されたとか、そこで地震が起きたらM7だとかM8だとか、今後起こる災害を予測する発表が相次いでいます。
また、放射性物質の影響も、危険だと言う学者と、明るく生きていれば影響はないとする学者に分かれ、事後報告を聞くしかない報道がされています。
このように、今までの状況から一転したかのような日常の中で、私達は生活をしていくことを余議なくされています。

常日頃から、自分のことは自分で決めて行動できる人と、できるだけ人に合わせている人、自分では決断できないので大体誰かの後についていくと人など、さまざまなタイプの人が共存している社会の中で、今までは、我を押さえて自己主張することを控えてきたけれど、生命の安全を守るためには、
自分のことは自分で決めたい!
よりよい状況を選択したい!と思っている人が
では、どうしたらいいのだろう?と悩み始めているのではないかと思います。

決められる人は、更に自分の内側をシンプルにすることで、意図的な現実創造をすることができることをすでに知っていると思います。
だから、もっとシンプル化ができれば、スムーズに物事をこなし、創造的になることができる!と確信していると思います。

決められない人は、決められるようになるためにシンプル化が必要です。
お部屋の中や、鞄の中、机の引き出しなどを頭の中や心の中に例えてみると
一目瞭然ですが、片付いていればいるほど、行動はしやすくなりますし、大切なものを
見失わなくてすむようになります。

一番大切なのは、他の誰でもない「あなた自身」です。
もちろん、あなたの大切な人もあなたにとって大切なのは言うまでもありません。
一人ひとりが、自分を大切にすることは、生まれてきた目的、人生の目的を全うするために一番大切なことなのです。

頭の中も心の中もシンプル化しておくと、この一番大切なものを蔑(ないがしろ)にしなくてすむのです。
言いかえれば、シンプル化して大切なものを大切に取り扱うことは、愛することだと言えます。

これは、心や情を傾ける「愛」ではなく、あなたを、あなたの周囲の人を、はたまた地域を、国を、文明を地球を大切にするというところまでフラクタルに繋がっていくものです。

気合いを入れて、エイヤッ!と力づくで決めるのではなく、すでに、知っていたかのように淡々と、するすると、あなたの中から答えが出てくると、物事を気持ちよく決めることができるようになります。

そして、それがどんどん積み重なっていくと、洞察力が深くなり、愛と智恵と勇気が自然に発揮できるユニークなあなたになっていきます。

こんな時だからこそ、SI-Vであなたをシンプル化してください。

この方法を習得すると、自分だけでなく、シンプル化したいと思っている人のサポートができるようになります。

SI-Vインタヴュアーと呼ばれる人たちは、短い時間の中で、エッセンシャルな独自の答えを引き出す質問のエキスパート。

以前は、ファウンデーションコースと、インターミディエートコースを修了し
規定人数の方にSI-Vインタヴューをした方に、審査の上、SI―Vインタヴュアー認定を行っていました。

新しいSI-V講習は、町のダンススクールのように、いつでも始められて、ビギナーも熟練者も一緒に切磋琢磨できる方法をとることに致しました。

始めにSI-Vの基礎となる考え方や構造、方法を「SI-V基礎講習会」で学んでいただきます。
講習は毎月2日間開催の予定
受講料 31,500円
再受講 10,500円

その後、他の受講生の方たちと組んでマン・ツー・マンでの指導を受けていただきます。
目安は3カ月~1年間。
受講料は、習い事のお月謝のようにお支払いいただけます。
月謝 15,750円
最初は、基礎講習受講料31,500+3か月間の月謝46,240円のお支払いとなります。
尚、お支払いは、31500円前納と月々15,750円ずつ3カ月間分納ができます。

お支払いは便利なPaypalもご利用になれます。

この間、
対面、またはネット上で研磨を積むために毎月の「定例SI-V講習」に参加し
SI-Vのテクニックを習得していただきます。

その後
SI-Vインタヴュアー審査を経て、SI-Vインタヴュアーになります。

SI-V講習を開きたい方は、SI-Vの実績と論文を提出していただき、その上で審査をさせていただきます。

尚、SI-Vは心理カウンセリングではなく、あくまでもスピリチュアルインタヴューですので、
医療行為の代替とはなりません。また、医療目的の資格ではなく、当社が発行する資格となります。
この方法の著作権と商標登録はコズミックダンスカンパニー合同会社に帰属します。

_____________________________☆_
。   + ☆   ★゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

° ★ 未来メーカーのための新・『SI-V講習会』

_______________________________ 

昨年の3.11以降、何度となく使われた言葉「未曾有」
この言葉を紐解いていくと
実は、今、奇跡的なことが起きていることがわかってきます。
詳しくはブログに書いておきましたのでご覧ください。

「未曾有とは希法のこと、すなわち『奇跡』の事を示すのかもしれない・・・」
http://plaza.rakuten.co.jp/jujurinland/diary/201204100000/

こんな希法のサイクルの中、
今までの自分を超えて、
もっとスムーズにもっとシンプル化して
どんどん巻き起こるシンクロニシティの中
意図的な未来ビジョンを描き、意図以上のものを受け取るための
3キーワード、4ステップスの5次元思考的現実創造の方法SI-Vを
新受講、再受講したい方を募集します。

たった30分、たった15分、更にはたった5分で
取り散らかった部屋が片付くように、頭の中が整理され
自分らしい答えや結論が見出せるようになるインタヴューの方法です。

この方法を身につけると
直感、感性、思考が統合しやすくなり
結果的に行動化が簡単になります。
また、
セラピーやコンサルテーション、アドバイスなどをお仕事にしている方は
クライエントさん独自の自主的な答えを引き出すことができるようになり
自立や自律性を高められるようになります。

これから行うSI-V講習の特徴は
日本語を話しながら「英語脳」を作るメソッドを組み込むところにあります。

論理的に順を追って説明するのが難しい方や
感性的なコミュニケーションで損をしている方にも最適です。

また
何よりも、普通ではない筋道で物事が成就したり
結果が導き出されることが好きな方には、便利な方法です♪

基礎講習は 5月5日(祝 )
        6日(祝 )
受講料 2日間 31,500円
両日続けて参加できない方は、6月の講習で受講されなかった日の内容を
受講して下さい。

3か月間 SI-Vトレーニングコースを受講の上
SI-Vインターミディエート受講へ

講習会場は 東京都内と札幌、ネット上の3元としますので
お子さんがいらっしゃる方や、遠方の方、外国にお住まいの方も
参加できます。

もう一つの特徴は
SI-Vインタヴューのトレーニングは、対面だけでなく
Skypeで直接私が行わせていただきます。

また、
SI-Vを習得した方から順次インタヴュアーの認定を行い
更にSI-Vを教えて行きたい方のトレーンングも行います。

受講内容などの詳細はこちら

★SI-Vは今なぜ必要なのでしょうか?★

お申し込みは
http://cosmicdancecompanyllc.com/submit.html
またはお電話でも受け付けています。
Phone:011-512-8546 コズミックダンスカンパニーLLC札幌ノースオフィス

4月21日(土)スタ★ギャザのテーマ「新月の木」

新月の木・・・
「新月に伐る木や竹は長持ちする」と言い伝えられ、
林業関係者では広く知られてきたことをご存知でしょうか?
 

腐らない、反らない、虫がつかない、火が燃え付かない、
室内の空気を浄化し、シックハウスにならない。
そして何百年も使える丈夫な建物が建築出来ると聞くと
新月が樹木に与える影響の素晴らしさを理解できます。

 
あのヴァイオリンの名器「ストラディバリウス」も
新月の木を使って作られていると言われておりますし、
世界最古の木造建築として知られている法隆寺も
「闇伐りの木」つまり、「新月の木」を使っていると言います。
 
この地球上に太古の昔から存在していた樹木は、
宇宙のサイクルやエネルギーを上手に活かして
生き残ってきた存在です。

新月のエネルギーは、物を組み立てたり家を構築したりする樹木に表れているのなら
強く頑丈な未来を築くための
構造を組み立てるのに最適なエネルギーです。

望みを叶えるために、この日にアファメーションしたり
願望の言葉を書くと良い日とされている新月は、
特に無駄なものがそぎ落とされ、スッキリさせるのに効果が上がる日です。
例えば、
この日からダイエットを始める・・・
汗が排出しやすいので、デトックスしやすい。
また禁酒禁煙を始めるにも良い日とされてます。

思考のデトックス。
もうすでに古い考えをデトックスし、
新しく未来に向けた思考を得るのに
新月のワークはあなたを刺激します。

 

スタ★ギャザでは
隠されていた、まだ発見していなかった新しい自分を発見し、
キラッと輝く未来を創造する
新しい意識の自分を育てていくワークショップです。
また同じ意識の人たちとのギャザリングは、
ワークショップ初めての方でも、安心してご参加できます。

このワークショップで言葉にしたことがシンクロニシティを生み、
あなたがコミットした方向(未来)にスムーズに進むことができます。

あなたの内側で感じていることや考えていることを
改めて絵に描いて表現したり、言葉にして表に出すと、
再確認でき、本心から行動しやすくなります。
スタ★ギャザでワークアウトして未来を創っていきましょう。

 

ワークの中で絵を自由に描いてワークアウトします。
毎回、描いた絵の中に未来の情報があります。
それについてSI-Vインタヴューで思っていることや
考えていることを言葉にしていきましょう。
オーラリーディングを聞いてあなたが考えていたことを
再度確認すると、それはあなたの自信につながっていきます。
どうぞご興味のある方はご参加ください。


<ファシリテーター>居初美佐子
ラジオの構成作家、イベントプロデュース、アイドルのファンクラブなどの会報誌作成、書籍のカバーデザインなどのクリエイティブな仕事をしていたのが一変、わが身の不妊を改善すべくホメオパシー(同種療法)を学び、半年後には妊娠をし、育児時期を経てホメオパスとなる。
現在は波動を活かしたセラピーとシンプル化インタビューSI-Vを取り入れ、世界に一つだけのパーソナルなオーラスプレー 「BIRTH VISION」 をデザインし、1人ひとりの魂の本質を輝かせイキイキさせる、今までにない新しいライフデザイナーである。

★日時 : 4月21日(土) 19時~21時
★会場 : 札幌 AMSTOWER906号 Ust. Skypeで参加ができます♪
★参加費 : 3,150円
★お申し込みはこちらまで:011-512-8546 コズミックダンスカンパニー合同会社
info@cosmicdancecompanyllc.com

ホメオパシークリームのご紹介!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Airnica Cream(アーニカクリーム)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アーニカは、アザや外傷、打ち身の治療薬として、

古くから用いられてきました。

このアーニカ・クリームは救急箱に常備しておきたい一品です。

1.800円(税込)⇒980円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Aesculus/Hamamelis/Peonia Cream

(イースキュラス、ハマメリス&ピオニアクリーム)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

痔、静脈瘤、など毛細血管などを優しく緩和してくれるクリームです。

1.800円(税込)⇒980円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Calendula Cream(カレンデュラクリーム)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

古くから、すり傷、荒れ肌、ひび、あかぎれ、おむつかぶれ、乾燥肌、

などの治療薬として用いられてきたクリームです。

1,800円(税込)⇒980円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Graphites/Calendula Cream

(グラファィティス&カレンデュラクリーム)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ひりひりした痛みやひび割れ、傷などから皮膚を軟くして優しく緩和するクリームです。皮膚炎、アトピーなどの皮膚疾患に。

1,800円(税込)完売しました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Hypericum/Calendula Cream

(ハイペリカム&カレンデュラクリーム)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

切り傷、擦り傷、噛み傷、刺し傷、虫刺されの治療薬として昔から使われてきました。殺菌と鎮痛作用があるクリームです。

1,800円(税込)⇒980円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Rhus tox/Ruta Cream(ラス・トックス&ルータクリーム)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

長年の関節炎やリウマチの痛みの症状に使用。また、痛みや損傷を受けた筋肉、腱や靭帯の治癒を助けることができる。

1,800円(税込)⇒980円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Urtical/Calendula Cream

(アーティカ&カレンデュラクリーム)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皮膚の激しいかゆみとヒリヒリと焼けるような軽いやけどに。また湿疹、乾癬、じんましんやその他の発疹のためのクリームです。

1,800円(税込)⇒980円

こちらはフッ素化合物が入っていないナチュラルな歯磨き粉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KINGFISHER FENNEL

Natural Toothpastre(キングフィッシャーナチュラル歯磨き粉)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナチュラル歯磨き粉の英国ブランド。

この製品には香料としてフェンネルが含まれています。この歯磨き粉はフッ化物が含まれておらず、ホメオパシーのレメディーを愛好する方にお勧めする一品です。

すべてのキングフィッシャーナチュラル歯磨き粉は、人工甘味料、香料、着色料や防腐剤なしで作られています。

動物でのテストを行っておりません。

英国の歯科保健財団によって認識されております。

1,600円(税込)

数に限りがございますので、ご希望の方はお早めに

お申し込み

011-512-8546

コズミックダンスカンパニー合同会社

2月22日(木)スタ☆ギャザのテーマはセルフイメージを描く

以下は前回のお知らせです。

スタ☆ギャザで
セルフイメージを描いてみよう!

隠されていた、まだ発見していなかった新しい自分を発見し、
キラッと輝く未来を創造する
新しい意識の自分を育てていくきっかけとなります。
また同じ意識の人たちとのギャザリングは、
ワークショップ初めての方でも、安心してご参加できます。


ヴィジェ=ル・ブラン(マリー・アントワネット付の女性画家)

エッシャーの作品から

タマラ・ド・レンピッカの作品から


ゴッホの自画像


マルク・シャガールの自画像


かすかな気づきだったものの輪郭がはっきりしてきて自信につながります

あなたの内側から望んでいることを再確認できる
ワークショップです。
次のステップにスムーズに進める考え方と行動がはっきりします。
お互いにシェアしながら共感しあって行うのでコミットすることの
大きな意味を感じます。
あなたの深層にある本望を知りたいときにもお薦めします。

自由に描いた絵の中に、未来からのメッセージがあります。

SI-Vインタヴューで多角的に考えることで、かすかな気づきだった
ものの輪郭がはっきりしてきます。
それは自信につながり、新しい自己イメージに変化がでてきます。
今までどおりのあなたではなくなってきていることを明言して
次のステージに進んでいることを実感するのです


<ファシリテーター>進藤詩愛
保育士として長く従事。その間、主張することが苦手だった私が、SI-Vインタヴューで自分らしい表現を知ることになり、言葉にすると現実化が早くなると実感する。その意識が変わるだけで物事の状況が変わり、体調も変化することを体験する。その後レイキティーチャーとなりレイキの活用法やレイキ伝授を行っている。
また、普段から正夢を見ることが多く、それを生かしてオーラリーダーになり、カジュアルオーラリーディング講習会を開催している。現在は、未来のタイムラインのオーラリーディング P・F・Cセッションを好評開催中。

<ファシリテーター>居初美佐子
ラジオの構成作家、イベントプロデュース、アイドルのファンクラブなどの会報誌作成、書籍のカバーデザインなどのクリエイティブな仕事をしていたのが一変、わが身の不妊を改善すべくホメオパシー(同種療法)を学び、半年後には妊娠をし、育児時期を経てホメオパスとなる。
現在は波動を活かしたセラピーとシンプル化インタビューSI-Vを取り入れ、世界に一つだけのパーソナルなオーラスプレー 「BIRTH VISION」 をデザインし、1人ひとりの魂の本質を輝かせイキイキさせる、今までにない新しいライフデザイナーである。

★日時 : 2月22日(水) 19時~21時
★会場 : ユ-ストリーム / スカイプ参加ができます♪
★参加費 : 3,150円
★お申し込みはこちらまで:011-512-8546 コズミックダンスカンパニー合同会社
info@cosmicdancecompanyllc.com

スタ★ギャザは月2回を予定しており、次回は3月8日(木)夜19時~になります。